2017年10月13日金曜日

次回の活動は10月17日(火曜日)の学習会です

  次回のTOSMOSの活動は、10月17日(火曜日)に実施する「プライバシーの価値と扱い」と題する学習会となります(詳細は下記をご参照ください)。
 
 TOSMOSの学習会では、報告者(TOSMOSの会員)による報告のあとに、皆で議論するかたちをとります。そのため、事前の準備等は必要ありません。また、事前の申し込みは必要ありませんので、直接、会場(部室)までお越しください(見学・途中入退出も自由です)。参加費は無料です。

 ふるっての参加をよろしくお願いいたします。

 
【次回の学習会の詳細】

日時:
 10月17日(火曜日)19時00分から(学習会は20時30分頃まで)
 ※学習会の終了後には、駒場祭に向けての打ち合わせも行う予定です。


テーマ:
 プライバシーの価値と扱い

会場:
 東大駒場キャンパス・キャンパスプラザB312号室(B棟3階)の部室
 ※東大駒場キャンパスは京王井の頭線駒場東大前駅下車すぐです。
 ※部室(キャンパスプラザB棟)へのアクセスについては、下記のリンク先の地図を参考にしてください。
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_43_j.html
 ※会場の部室は畳(タタミ)部屋となっています。

●報告者:TOSMOSの会員

●学習会開催にあたっての補足:
 この学習会では、ダニエル・J.ソロブ著『プライバシーなんていらない!?』(2017年・勁草書房)の前半部分を題材として扱う予定ですが、報告者が必要な報告を用意するので、参加するにあたって上記文献を入手・通読しなくても大丈夫です。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
 TOSMOSは、「現代社会リテラシー」を育むことをモットーに活動している、学術文化系サークルです。多くの情報が錯綜する現代社会において、世間に流されず主体的に価値判断するためのリテラシーを育むことを目指しています。そのため、授業やゼミで学ぶ専門的な学問内容の枠に収まらない、幅広い教養を身につける活動をしています。


 研究対象は、国際情勢、国内情勢、政治、経済、科学技術など、様々な分野に及びます。TOSMOSでは、それらの諸問題に関して、文献を読み、調べ、考え、議論します。もし多少でも興味がありましたら、一度わたしたちの活動を見学してみませんか? TOSMOSでは現代社会について一緒に研究する新入会員を募集しています。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

【文責:飯島】

 

2017年10月7日土曜日

次回の活動は10月10日(火曜日)の映画鑑賞会です

  次回のTOSMOSの活動は、10月10日(火曜日)に実施する映画鑑賞会となります。
  
  鑑賞する映画はオリヴァー・ストーン監督作品『スノーデン』です詳細は下記のとおりです。参加費は無料です。事前の申し込みは必要ありません。直接、会場(TOSMOSの部室)までお越しください。お待ちしております。
 
 なお、映画鑑賞会終了後には、駒場祭に向けての打ち合わせも行なう予定です。

 何卒よろしくお願いいたします。

●映画鑑賞会の詳細

○日時:10月10日(火曜日)19時00分上映開始

○会場:TOSMOSの部室(東京大学駒場キャンパス内のキャンパスプラザB312号室〔B棟3階〕)
 ※東京大学駒場キャンパスは京王井の頭線駒場東大前駅下車すぐです。
 ※部室があるキャンパスプラザB棟へのアクセスについては、下記のリンク先の地図を参考にしてください。
  http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_43_j.html
 ※なお、会場の部室は畳(タタミ)部屋となっています。

○鑑賞する映画:『スノーデン』
・監督=オリヴァー・ストーン
・時間=135分(2016年・アメリカ)

作品の紹介
 名匠オリヴァー・ストーン監督が、アメリカ政府による国際的な個人情報監視の事実を暴き世界を震撼させた「スノーデン事件」の全貌に迫る人間ドラマ。CIAおよびNSA(アメリカ国家安全保障局)職員だったエドワード・スノーデン氏がキャリアや恋人との幸せな人生を捨て、重大な告発を決意するまでの過程を描く。(「シネマトゥデイ」のウェブサイトより抜粋)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
 TOSMOSは、「現代社会リテラシー」を育むことをモットーに活動している、学術文化系サークルです。多くの情報が錯綜する現代社会において、世間に流されず主体的に価値判断するためのリテラシーを育むことを目指しています。そのため、授業やゼミで学ぶ専門的な学問内容の枠に収まらない、幅広い教養を身につける活動をしています。

 研究対象は、国際情勢、国内情勢、政治、経済、科学技術など、様々な分野に及びます。TOSMOSでは、それらの諸問題に関して、文献を読み、調べ、考え、議論します。もし多少でも興味がありましたら、一度わたしたちの活動を見学してみませんか? TOSMOSでは現代社会について一緒に研究する新入会員を募集しています。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

【文責:飯島】

 

2017年9月30日土曜日

次回の活動は10月4日(水曜日)の学習会です

  次回のTOSMOSの活動は、10月4日(水曜日)に実施する「日本国憲法とプライバシー」と題する学習会となります(詳細は下記をご参照ください)。
 
 TOSMOSの学習会では、報告者(TOSMOSの会員)による報告のあとに、皆で議論するかたちをとります。そのため、事前の準備等は必要ありません。また、事前の申し込みは必要ありませんので、直接、会場(部室)までお越しください(見学・入退出も自由です)。参加費は無料です。

 何卒よろしくお願いいたします。

【次回の学習会の詳細】

日時:
 10月4日(水曜日)19時00分から(学習会は20時30分頃まで)
 ※学習会の終了後に、駒場祭に向けての打ち合わせも行います。

テーマ:
  日本国憲法とプライバシー

会場:
 東大駒場キャンパス・キャンパスプラザB312号室(B棟3階)の部室
  ※東大駒場キャンパスは京王井の頭線駒場東大前駅下車すぐです。
  ※部室(キャンパスプラザB棟)へのアクセスについては、下記のリンク先の地図を参考にしてください。
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_43_j.html

  ※会場の部室は畳(タタミ)部屋となっています。

○報告者:
 TOSMOSの会員

○報告者による内容紹介:
 情報技術が発達した現代社会においては、プライバシーの保護が大きなテーマとなっています。それでは、様々な人権を保障している日本国憲法において、プライバシー権はどのように位置づけられるのでしょうか。この学習会では、憲法学におけるこれまでの議論や主要な判例などを確認しながら、日本国憲法とプライバシーをめぐる問題について考えていきます。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
 TOSMOSは、「現代社会リテラシー」を育むことをモットーに活動している、学術文化系サークルです。多くの情報が錯綜する現代社会において、世間に流されず主体的に価値判断するためのリテラシーを育むことを目指しています。そのため、授業やゼミで学ぶ専門的な学問内容の枠に収まらない、幅広い教養を身につける活動をしています。


 研究対象は、国際情勢、国内情勢、政治、経済、科学技術など、様々な分野に及びます。TOSMOSでは、それらの諸問題に関して、文献を読み、調べ、考え、議論します。もし多少でも興味がありましたら、一度わたしたちの活動を見学してみませんか? TOSMOSでは現代社会について一緒に研究する新入会員を募集しています。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

【文責:飯島】

 

2017年9月23日土曜日

次回の活動は9月27日(水曜日)の学習会です

 次回のTOSMOSの活動は、9月27日(水曜日)に実施する「監視と治安」と題する学習会となります(詳細は下記をご参照ください)。

 TOSMOSの学習会では、報告者(TOSMOSの会員)による報告のあとに、皆で議論するかたちをとります。そのため、事前の準備等は必要ありません。また、事前の申し込みは必要ありませんので、直接、会場(部室)までお越しください(見学・入退出も自由です)。参加費は無料です。

 何卒よろしくお願いいたします。

【次回の学習会の詳細】

日時:
 9月27日(水曜日)19時00分から(学習会は20時30分頃まで)
 ※学習会の終了後に、駒場祭に向けての打ち合わせも行います。

テーマ:
 監視と治安

 会場:
 東大駒場キャンパス・キャンパスプラザB312号室(B棟3階)の部室
 ※東大駒場キャンパスは京王井の頭線駒場東大前駅下車すぐです。
 ※部室(キャンパスプラザB棟)へのアクセスについては、下記のリンク先の地図を参考にしてください。
 
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_43_j.html

 ※なお、会場の部室は畳(タタミ)部屋となっています。

●報告者:
 TOSMOSの会員

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
 TOSMOSは、「現代社会リテラシー」を育むことをモットーに活動している、学術文化系サークルです。多くの情報が錯綜する現代社会において、世間に流されず主体的に価値判断するためのリテラシーを育むことを目指しています。そのため、授業やゼミで学ぶ専門的な学問内容の枠に収まらない、幅広い教養を身につける活動をしています。

 研究対象は、国際情勢、国内情勢、政治、経済、科学技術など、様々な分野に及びます。TOSMOSでは、それらの諸問題に関して、文献を読み、調べ、考え、議論します。もし多少でも興味がありましたら、一度わたしたちの活動を見学してみませんか? TOSMOSでは現代社会について一緒に研究する新入会員を募集しています。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

【文責:飯島】

2017年7月1日土曜日

次回の活動は7月5日(水曜日)の読書会です

 TOSMOSでは、7月5日(水曜日)に下記のとおり「読書会」をおこないます。

 「読書会」では、報告者がテキストについてのレジュメなどを作成して報告をおこない、その後でテキストの内容をめぐってみんなで議論します。

 次回のテキストは、清水幾太郎著「流言蜚語(りゅうげんひご)」です。

「読書会」では、テキストを事前に読んできて頂けると、より深い議論ができるので望ましいですが、テキストを読むことができなかった場合でも参加して頂いて大丈夫ですので、お気軽にご参加ください(テキストの入手方法については、下記の説明を参考にして、図書館で借りるか購入するなどして、各自で入手してくださ)。
 
 なお、次回の読書会が、夏休み前の最後の学習会・読書会となります。

 皆さんのお越しをお待ちしております。



日時:7月5日(水曜日)19時00分~20時30分頃まで

場所:東京大学駒場キャンパス内のキャンパスプラザB312(B棟3階 部室)
※東京大学駒場キャンパスは京王井の頭線駒場東大前駅下車すぐです。
※なお、部室のあるキャンパスプラザへのアクセスについては、下記のリンク先の地図を参考にしてください。
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_43_j.html
事前の申し込みは必要ありません。直接、会場(部室)までお越しください。
※部室は畳(タタミ)部屋となります。

テキスト:清水幾太郎著「流言蜚語」
ちくま学芸文庫の『流言蜚語』というタイトルの本に収録されている、冒頭から173ページまでの「流言蜚語」という著作を扱います(同書の174ページ以降の文章については、読書会では直接の対象とはしませんので、お間違えのないようご注意ください。)。

○テキストの入手にあたって:この「流言蜚語」という著作は、『清水幾太郎著作集』(講談社刊)の第2巻にも収録されていますが、現代通用している漢字及び現代かな遣いに改められた「ちくま学芸文庫」版のほうが読みやすいと思いますので、入手するテキストとしては、「ちくま学芸文庫」版を推奨します。

○次回(7月5日)扱うテキストの範囲:テキストの「流言蜚語」のすべて(第一部「流言蜚語と報道」と第二部「流言蜚語と輿論」)

報告者:TOSMOS会員

○テキストの内容紹介:「一片の流言はよく国を傾けることが出来る」。社会が危機に直面し、秩序が動揺したときに発生する流言蜚語は社会的政治的事実を主題とするが、民衆の生活と深く結びついている。それは通信・交通・報道の遮断によって途絶した情報への飢えを充たす報道形態である。本テキストは直接には二・二六事件直後の不安定な社会心理の分析を試みたものだが、その背景に関東大震災の体験があったことは無視できない。本テキストは流言蜚語の成立条件、構造、社会的機能を詳細にわたって分析した論考である。(ちくま学芸文庫のカバー解説より〔一部改変〕)

 ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
 TOSMOSは、「現代社会リテラシー」を育むことをモットーに活動している、学術文化系サークルです。多くの情報が錯綜する現代社会において、世間に流されず主体的に価値判断するためのリテラシーを育むことを目指しています。そのため、授業やゼミで学ぶ専門的な学問内容の枠に収まらない、幅広い教養を身につける活動をしています。

 研究対象は、国際情勢、国内情勢、政治、経済、科学技術など、様々な分野に及びます。TOSMOSでは、それらの諸問題に関して、文献を読み、調べ、考え、議論します。もし多少でも興味がありましたら、一度わたしたちの活動を見学してみませんか? TOSMOSでは現代社会について一緒に研究する新入会員を募集しています。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

【文責:飯島】

 

2017年6月23日金曜日

次回の活動は6月28日(水曜日)の学習会です

 次回のTOSMOSの活動は、6月28日(水曜日)に実施する「『小池劇場』は『ポピュリズム』かポピュリズムを越えて」と題する学習会となります(詳細は下記をご参照ください)。
 
TOSMOSの学習会では、報告者(TOSMOSの会員)による報告のあとに、皆で議論するかたちをとります。そのため、事前の準備等は必要ありません。また、事前の申し込みは必要ありませんので、直接、会場(部室)までお越しください(見学・入退出も自由です)。参加費は無料です。

 何卒よろしくお願いいたします。

【次回の学習会の詳細】

日時:6月28日(水曜日)19時00分から(学習会は20時30分頃まで)
 ※学習会の終了後に、今後の学習会・読書会等の予定に関する相談も行います。

テーマ:「小池劇場」は「ポピュリズム」かポピュリズムを越えて

会場:東大駒場キャンパス・キャンパスプラザB312号室(B棟3階)の部室
※東大駒場キャンパスは京王井の頭線駒場東大前駅下車すぐです。
部室(キャンパスプラザB棟)へのアクセスについては、下記のリンク先の地図を参考にしてください。
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_43_j.html
 ※なお、会場の部室は畳(タタミ)部屋となっています。

●報告者:TOSMOSの会員

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
 TOSMOSは、「現代社会リテラシー」を育むことをモットーに活動している、学術文化系サークルです。多くの情報が錯綜する現代社会において、世間に流されず主体的に価値判断するためのリテラシーを育むことを目指しています。そのため、授業やゼミで学ぶ専門的な学問内容の枠に収まらない、幅広い教養を身につける活動をしています。

 研究対象は、国際情勢、国内情勢、政治、経済、科学技術など、様々な分野に及びます。TOSMOSでは、それらの諸問題に関して、文献を読み、調べ、考え、議論します。もし多少でも興味がありましたら、一度わたしたちの活動を見学してみませんか? TOSMOSでは現代社会について一緒に研究する新入会員を募集しています。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

【文責:飯島】